FC2ブログ
2018年の活動方針
2019 / 03 / 31 ( Sun )
2018年の農園は一味違います

昨年の活動について多くの会員さんから意見をいただきそして協議した結果たどり着いた結論は、“初心”です。
今年の活動方針は
「子どもたちを主人公にもっと農園に“遊び”を」
です。

子どもたちの食育や体験に繋がる活動を展開します。
そのために我々SWITCHもやりたいと思っていることはたくさんありますし、ぜひ会員さんからも提案して欲しいです!
農園は交流のスタートであって、農園外でのイベントや遊びも展開していきたいですね!
ただ、学生にはアイデアはあってもスキルがありません、、、
なので会員の皆様のお力が必要です!
学生と子どもはわがままに、会員さんを全力で頼っていこうと思っています(゚∀゚)エヘ

今年もみんなで協力してわいわい盛り上がっていきましょう!!

SWITCH一同


SWITCHとは・・・
現在は大阪大学の学生を中心に構成されたボランティア団体です。
SWITCH(スイッチ)という名前は、「私たち一人ひとりが動き出すことが社会を変えていくためにとても大切なこと。でもなかなか第一歩を踏み出せない。思いを形にする第一歩を踏み出すための気持ちのスイッチを入れるためのきっかけづくりができる会にしたい。」という願いが込められています。
switch集合
左から
◎山口先生
わいわいみのお園立ち上げ人の一人です。
わいわいみのお園をいつも近くで見守ってくれています。
毎週お歌のトレーニングに通っており、その美声と声の通りの良さで
農園でも的確に指示を飛ばしてくださいます。
会員さんからの支持も厚い、頼りになる先生かつ先輩です。

◎荒木:代表、事務局(あらき、ギャグセンゼロ(ギャグセンスが微塵もないの意)、わいわいあらきんぐ)
「あらきくんって、メンタルすごいよね」「タフメンタル」「はいはい。あらきあらき。」
スケート選手も驚くほどよく滑っています。目指せ金メダル。
年上の人と話すことが好きで、全力で子供と遊ぶことが好きです。手加減はほとんどしていません。末っ子なので、弟、妹みたいな感覚で子どもたちと触れ合っております。
実家が農家で、農業はもうやらなくていいと言われたときに一抹の寂しさを感じ、わいわいみのお園に加入。トライアンドエラーを繰り返しながら自然と共生していく農業も面白いものだと感じているところです。
ブログの文章量は多め。行間を読ませるスタイルの記事であるため、読者の脳への負担も多めです。
今年は少しわがままに、やりたいことを発信していきたいなぁと思っています。よろしくお願いします。

◎杉本(18年卒園OB)
杭打ち、薪割り、餅つき、、、物理的インパクトがモノを言う世界で、杉本さんほど頼りになる方はいないでしょう。
真珠のようにきらめく汗。ふわふわのマフラータオル。見るものを癒やす笑顔。
もう一度、二度、三度。その姿を農園でも見たいと思っています。

◎小嶋:広報、原付き係(こじま、こーじー、こじー、こずぃ、こじこじ、大島etc...)
ブログではその日の空気感を伝えることを意識しています。
もともと機械工学出身のゴリゴリの理系男子ですが、機械やITの社会だからこそ農園での手作業や手作りを大切にしています。
好きなYOUTUBERはGameWithのなうしろさん。
両親がラクトオボベジタリアンの家庭で育ち、茄子が大好きです!(僕はお肉も大好き)

◎池崎:農園係、水遊び標的係(いけ、いけざき、いけちゃんetc...)
ブログなどを書いて自分から情報発信することを普段ほとんどしないのですが、頑張りたいと思います。
体を動かすことが好きなので、農園の作業も楽しんでやってます。
今年はしっかりと会員さんとコミュニケーションを取ることが目標です。(去年は作業に集中してしまってあまりできませんでした...)
スポンサーサイト
23 : 59 : 59 | 活動記録(2018) | コメント(0) | page top↑
夏の農子園 第三回戦
2018 / 08 / 03 ( Fri )


・・・
・・・・・
・・・・・・・
さぁ、始まりました!

夏の農子園 第三回戦!

スチューデンツ 対 サマーベジタブルス の

試合の様子をお伝えします!!



解説には、音楽に造詣が深い小嶋さんをお迎えしております。
実況は私、荒木が務めさせていただきます。

今、試合開始の号令がかけられました!


0対0のまま迎えた3回裏のサマーベジタブルスの攻撃、
先頭バッターのオクラが出塁しましたが、
続くかぼちゃがスリーバント失敗。
続くかぼちゃは見逃しの三振。
この回4人目のバッター、かぼちゃは
ボール球に手を出しキャッチャーフライに終わりました。
サマーベジタブルス、折角のチャンスを活かせませんでした!


6回裏のサマーベジタブルスの攻撃、
試合は動かず、なおも0対0のまま。
打順は1番から。
先頭バッターのオクラ、セーフティバントで出塁です。
非常に足の速い選手が出塁しました!
あぁっと!2番、オクラもセーフティバント!
セーフ!セーフです!
ノーアウトランナー1、2塁というところでクリーンナップを迎えます。
3番のオクラ、フルカウントから、
またしても、セーフティバント!
満塁となってしまいました!

(小嶋)オクラは非常に成長の早い品種ですから、
    ボールが前に転がりさえすれば、
    アウトになることはまず無いでしょうねぇ。
 ・・・
 ・・・
6回裏のサマーベジタブルスの攻撃、試合が大きく動きました!
サマーベジタブルス、オクラの活躍により打線が火を吹き、
7得点をあげました!


最終回、9回表のスチューデンツの攻撃、
好投を続けていた、サマーベジタブルス先発のトマトでしたが、
スチューデンツの打線に捕まってしましました。
ノーアウトのまま26点を失い、ノックアウトです!
先発のトマト、今、マウンドを降りていきます。
アルプスからは、惜しみない拍手が送られています。

(小嶋)水分がなくても美味しく育つトマトですが、
    暑さの影響もあって、
    スタミナが切れてしまったのでしょう。
    8回までの投球は、すばらしかったですねぇ。
    畑のルビーという言葉がふさわしい活躍でした。
 ・・・
試合は、9回表を終えました。
スチューデンツ、打線が大爆発!
サマーベジタブルスのトマトの勝利の方程式「真紅の継投」を
その打線で木っ端微塵に粉砕!
46得点を奪いました!

(小嶋)サマーベジタブルスは真紅の継投で
    地方予選から無失点を
    守って来ていましたから、信じられないですね。
    農子園の歴史に残るイニングになりましたね。
 ・・・
 ・・・
あぁっと、ここで試合終了ーーーーー!
夏の農子園 第三回戦!スチューデンツ 対 サマーベジタブルスの試合は、
42対7で幕を閉じました!
俊足のオクラ、堅守のかぼちゃ、トマトの真紅の継投を有する
サマーベジタブルスでしたが、スチューデンツの強力打線の前にねじ伏せられましたー!

(小嶋)トマト、マジで美味しい。


・・・・・・・
・・・・・
・・・


という夢を見たのさ。


もうすぐ、第100回目の甲子園が始まりますね。
どんなドラマが待っているのでしょうか。
荒木はTVを見ないので、ニュースを通して見守りたいと思います。

上の夢の話は、今日の作業日のダイジェストになっています。

かぼちゃが一向に実りません。
受粉頑張っているんですけどね。。。

どうやらゆとりのスチューデンツは、
オクラの俊足には敵わないみたいです。
ほとんど、成長しきって食べられる状態ではありませんでした。
7本程度、土壌の炭素循環に一役買う形になってしましました。

トマト、マジで美味しい。
解説の小嶋さん
dsf

(小嶋)ルビーだよ、これは。
fんrdsbsr
手のシワまでくっきり写ってますね。
さすが、GALAXY S7 Edge。
夏はスマホの発熱が気になりますね。

8月になりました。
夏休みの方もそうでない方も、リコピン
熱中症にはくれぐれも気をつけてください。

農園のトマトは絶えず収穫時期を迎えています。
朝夕のお散歩のときにでもどうぞ!

あdfbだf

明日は、豊川南小で納涼祭です!
喜ばしいことに、淀川花火大会とかぶっています!

皆さんに、この世の真理を一つ。
花火より、カレーサンド
いいですか、
花火より、カレーサンド
です。

直接脳内に語りかけます。
(((((‥‥…iより、カレーサンド
花火より、カレーサンド
花火より、カレーサンド
花火より、カレーs…‥‥)))))

それでは 皆さんご一緒にっ!♪
花火よりいぃ!
カレーサンドぉぉ!!


ご来店お待ちしております!






知性の欠片もない記事になってしまった。
最近右目が疼きます。僕の中の何かが目覚めようとしているのでしょうか。
10 : 00 : 13 | 活動記録(2018) | コメント(1) | page top↑
猛暑→しそジュース→豪雨
2018 / 07 / 21 ( Sat )
みなさんこんにちは。
SWITCHの池崎です。

今日は7月定例会でした。
例のごとく、前日は研究室の飲み会。(4月、5月もでした。)
今回は前々回とは一味違うぞというところを見せたかったのですが、若干遅刻…
飲み物と氷、計14キロを持っては早く歩けませんでした。
5月は定例会自体に遅刻したのでそれよりはましかな。)

さて、本日も暑かったです。
時折、日が陰ってくれたのがせめてもの救いでした。

熱中症対策として今回はなんと、15分おきに休憩をとりました。
(最後の作業が長かったのは許してください)


作業は草抜きとしそジュース作りを並行してやりました。

草抜きは人数が多いと早いですね。

草抜き

一瞬で終わってしまいました。ご協力ありがとうございました。
いつものようにbeforeの写真はありません。
今回はafterもありません。


並行して行っていた、しそジュース作り。
農園の赤しそを使わせていただきました。
子どもたちにもしその葉っぱをちぎって洗ってもらいました。

しそジュース作り

しその葉を鍋で煮出して、砂糖とクエン酸を加えたらできあがり。
とてもおいしい、しそジュースが出来上がりました。

しそジュース1


インスタ映え間違いなしですね。



しそジュース2

(あえて何も触れません)


みんなでおいしくいただき、これにて本日の作業は終了。



かと思いきや、一大イベントが待ってました。
そうです。子供たちがお待ちかねのあれです。
水鉄砲です。

僕はそのターゲットであることをすっかり忘れていました。
去年の反省を生かして、今年は秘密兵器を持参しました。

水鉄砲1


これなら、1対多数であろうと大丈夫だろう。
そう思っていました。
甘かった。

秘密兵器はすぐに奪われてしまいました。
その後はご想像の通り。
攻撃能力の低くなった僕は集中砲火を食らいました。

水鉄砲2


しまいには、なぜか水やりまでされちゃいました。

水鉄砲3


でも、子どもたちのおかげで、とても涼しくなりました。



そうそう、作業の合間に子供たちに先月の定例会で作った看板を立ててもらいました。
ぜひ、見てあげてください。

看板1

農園が華やかになりました。

看板2


また、最後にトウモロコシを収穫しました。
定例会の際に収穫してもらうのを忘れていました。
すみません。

上手くできるか心配でしたが、何本かいい感じに収穫できました。

トウモロコシ


SWITCHで美味しくいただきます。


では、皆さん、くれぐれも体調にお気を付けください。



18 : 22 : 35 | 学生農園の様子 | コメント(0) | page top↑
37℃。微熱でしょうか、いいえ、最高気温です。
2018 / 07 / 14 ( Sat )
おはようございます。
荒木です。
金曜日は作業日。
土曜日も作業日です。

金曜日は学生区画の除草作業と、かぼちゃの棚作りをしました。
荒木はゼミのため先に抜けましたが、その後でいけこじの二人が棚を作ってくれたみたいですね。
そういえば、この棚の材料も二人で買いに行ってくれました。
SWITCHの足(小嶋の原付き)が先日の豪雨で壊れてしまったので、
お店の軽トラをお借りして運搬したらしいです。ありがとう。
写真はありません。


今日も、朝八時から二時間ほど農園の除草作業に

文字通り汗を流してきました。

家に帰って体重を測ったら、1キロ位痩せてました。笑えない。
しかし、汗を流すのもどこか心地よさを感じます。

きれいになった場所の様子をどうぞ。
例によってBEFOREの写真はありません。
くさ
結構しんどかったです。一枚目の区画は一人でやってました。
無心に草刈り。
ほぼ禅。
動禅かと思うほど。
鎌が草を刈る音を聞きながらひたすらに。
研究室に缶詰になりながら研究していたので、
草を刈るたびに、汗が滴るたびに心が潤っていくのを感じました。
(大袈裟だろ、とは言わないお約束。)


一時間ほどして小嶋が登場。
くさ2
こちらは、小嶋と二人で。
4月に子どもたちが植え付けたかぼちゃの区画です。
草に埋もれて何が何やら状態だったのですが、
汗を流したかいあって、かぼちゃの御姿を拝むことができるようになりました。
棚に伝って伸びていくように、補助もしておきました。

汗、汗、汗。暑苦しいんだよ。
と思ったそこのあなた。私の汗は、パッションフルーツの香りがするんです。

どうやら暑さで脳が破壊されてきたみたいですね。

そういえば、トマト収穫しました。
あかとま
農園のトマトはとても甘いという話です。僕はまだ食べていません。

今後も、続々とトマトたちが収穫時期を迎えるので
農園の近くに来たときは、ぜひトマトを収穫して食べてみてください。
こちらは、収穫予備軍のトマトたち。リコピン。
あおとまと

帰り際に、セミの抜け殻見つけました。
こんな変なところまでよく登ってきたな、と思うような場所で
成虫へと変身を遂げていました。
「周りからどう評価されようと
自分の決めた場所で成れ」
そんなことを教えてくれている気がします。錯覚。
ぬけ
夏ですね。
小学生の頃は、セミの抜け殻よく集めてましたよ。

最後に昨日、僕が一瞬目を奪われた可憐なお花の写真でお別れです。
はな1



大丈夫です。背筋が異常に張っていますが、あらきは無事です。
15 : 18 : 55 | 活動記録(2018) | コメント(0) | page top↑
野菜の看板づくり at 6月定例会
2018 / 06 / 26 ( Tue )
こんにちは、SWITCHの小嶋です。
大阪北摂を襲った大きな地震から一週間ちょっと経ち学生も研究室も落ち着きを取り戻しました。
とにかくみなさんがご無事で安心しました。
地震の影響がまだある方もいらっしゃるかもしれませんが、一日も早く平穏な生活に戻れることをSWITCH一同お祈り申し上げます。

農園は倉庫や棚も倒れず全く被害がありませんでした。
昨年の台風のときは被害が甚大だったのに分からないものです。
そのため、倉庫にしまっていた手作り看板たちも傷一つありませんでした!

さて、その看板をつくった6月定例会を振り返っていきましょう
アジサイ

定例会は梅雨の始まりでしたが晴天で良かったです。
サッカーW杯もちょうど始まったころでしたね。こう見えて小嶋は中学まで6年間サッカー小僧だったので毎晩目にクマを作りながら一喜一憂している今日この頃です。
久々にリーダーを務めた私は初めての試みに少なからず緊張不安を抱いていました。(小嶋の不安メーター20%■□□□□)
定例会のコンテンツは4つありました。
・ジャガイモ収穫
・除草
・野菜の看板づくり←New!!
・かき氷←New!!

まずはみんなで草抜き
サポーター会員さんたちにはサツマイモ区画を、サツマイモ会員さんと子どもたちには共同区画をやってもらいました。
除草
今年は例年に比べ雑草が少なく、作業が思ったより早く終わって手持ち無沙汰になることを危惧する小嶋(小嶋の不安メーター40%■■□□□)

次に子供たちを中心にジャガイモ収穫。
みんなお宝でも探すように次々と掘っていきました。
ジャガイモ掘り2

多世代によるジャガイモ収穫。
ジャガイモ掘り3

先月に引き続きB3の女の子が参加してくれました!
ジャガイモ掘り
まだ2回目の参加なのに優しくもしっかり面倒がみれ、周りに気も配れる姿にSWITCHの男勢はあっ気にとられました・・・。
近年のSWITCHにない新鮮な空気を持ち込んでくれてありがとう!

続いて子どもたちは野菜の看板づくりへと移行。
木の板に野菜の名前を下書きしてから、色付きの砂”カラーサンド”で文字を書いていきます。
看板作業中2

みんなボンドにまみれ砂に夢中です!段取りをざっくりとしか決めていなかったため10人同時作業で大分焦りました(小嶋の不安メーター80%■■■■□)
看板作成中

子どもたちを急かしてはいけないことを会員さんに注意されました・・・。
子どもの自由な発想と創造には時間制限などいらない、全くその通りで猛省する小嶋なのでした(小嶋の不安メーター100%■■■■■)
看板作業3

でもなんやかんやでみんな完成しました!!
看板完成
見てくださいこの個性に溢れたデザインの数々!!
一番右上のYくんの作品は平面に収まらず側面にも描かれています!ダリの「記憶の固執」を彷彿とさせる芸術センスに脱帽・・・すると怒られるので心の中で脱帽!
周りのどんぐりとか枝は近くの公園で子供たちが拾ってきてくれたものです。
子どもたちは皆芸術家なんですね。
看板は後日SWITCHの方でニスを塗って接着・防腐・防水処理を施しておきました。

で、無事完成してホッとして後ろを振り返ると手が空いて暇な会員さんたちと未使用のかき氷器が。
誰もかき氷をつくっていない!(小嶋の不安メーター120%■■■■■■)
とりあえず子供たちに手を洗わせかき氷づくりの先陣をきってもらいました。
かき氷

このあと掘りたての茹でジャガイモを食べたりみんなでかき氷を楽しんだりと時間は少々オーバーしましたがとても楽しい時間が流れました(小嶋の不安メーター故障)
ジャガイモ試食

で、最後に記念の集合写真をパシャリ♪ブログのトップ画像にもなっています。
集合写真
(´-`).。oO(ジャガイモあんま映ってないな・・・)

楽しい時間はあっという間に過ぎていくのでした・・・
風景写真
また来月

SWITCHはこのあと翌日の竹工作の準備のため早々に切り上げ・・・とはならず公園で子供たちと4時間ほど?遊び、気持ちの良い疲れのなか竹を切りました。
で、今度は音楽の才能を開花させたY先輩。(動画です。音量注意。本人ご家族に掲載了承済み)
[広告] VPS

一本一本音の違いを聞き分けながらCメジャースケールを構築し、素敵な演奏まで披露してくれました!
将来大物になること間違いなしです(サイン貰っとこ)

とても充実した一日になり、翌日の竹工作のあとSWITCHで打ち上げもしました!
荒木家で二次会兼反省会をしてこれからのわいわいをもっと楽しくするアイデアを深夜まで語らいました。
今後の活動にも乞うご期待ください!
それでは。
17 : 40 : 15 | 活動記録(2018) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ